トップ / 会社情報 / 会社沿革

会社沿革


冨貴堂ユーザックは1976(昭和51)年10月、業務用コンピュータの販売と業務用ソフトの開発からスタートし、時代に合わせ、そしてお客様のニーズに応え成長してきました。
これからもお客様と共に考え創造して行くことを第一に、日々挑戦していきます。

年 度 社  歴
昭和51年 10月

オフィスコンピュータ販売及び業務ソフトウェアの製造販売で創業

シェア拡大のため営業を強化

昭和60年 6月

各業種向けにソフトウエアの製造販売を開始
様々な業種に導入され、地域シェア導入NO.1となる

卸売業、建設業、木材業向けソフト作成し業種展開で成功

平成元年 8月

新社屋完成

OA機器販売会社を買収、 複写機ビジネス スタート
RG機器部門を受入れ、 学校法人向けビジネス スタート

従来のオフコン主体の戦略、 ストックビジネスを目指す

保守メンテナンス体制を確立

平成 5年 12月

オフコンの衰退

システムに加えOA機器ビジネスを展開
パソコンソフト開発の教育開始

平成 6年 1月

複写機、パソコン、プリンター、等販売、保守ができる会社としてスタート

取扱い商品毎に専任化を進めOA機器、パソコンの顧客を増やす

平成 8年 6月

オフィスサプライビジネススタート
本社立ちのきで現在の場所(旭神3条4丁目)に移転

サプライの共同仕入開始で競争力のある価格を実現

平成12年 6月

OA機器部門、システム部門、サプライ部門それぞれ基盤確立

システム営業部門は2000年問題に注力し売上げ向上

平成14年 6月

企業のIT化をトータルに販売、アフターサポートできる企業を目指し
スタート

時代の変化を考え、企業の体質改善を開始

平成20年 7月

実態財務体質を目指す

収益計画3ヶ年計画作成開始


ページのトップへ